これで安心!安全に外国人がお金を借りる情報

外国人がお金を借りるには、様々な障害があります。まず大きいのが返済への信頼性で、多くの外国人は期間限定で日本を訪れていることが多く、返済完了前に帰国の途に就く可能性が高いです。そうなると貸した側としては最悪踏み倒されるリスクもあり、日本にずっといる保証のない外国人にはお金を貸し辛いのが実情でしょう。

 

逆に日本の永住権を持っていれば、あまり借入をするのは難しくありません。また日本に帰化し、外国籍ではなく日本国籍を取得していても貸してもらいやすくなります。他には就労ビザを持ち、日本で正式に労働している証のある人も借りることができるのです。つまりは日本に滞在し続けることと日本で収入を得ていることが、何よりもの信用情報と思ってください。

 

借り方としては、カードローンもキャッシングも利用できます。ただ外国人の場合は審査のために必要な内容を得にくく、特に機械での審査システムを導入している会社では落ちやすいです。信頼性を疑う情報はないけれど信頼性を得る情報もなければ、機械は自動で審査に落とす傾向があります。この現実を見ても、やはり日本国内で数年間信頼性を勝ち取っておくことが重要でしょう。

 

そして手っ取り早くその信頼性を上げるには、審査が極めて軽い消費者金融にて少額を借ります。その後それを返済し、同じことを数回繰り返してください。そうするとしっかり返済ができる人物という実績が積み重なり、徐々に信用情報を作成していくことができるわけです。仮に今すぐにお金が必要でなくとも、将来の借入を想定してこうした作業を繰り返しておきましょう。

 

更に最近ではネットを通じた借入申し込みもできますが、担当者と直接面接して借りる方法がおすすめです。会社によっては通訳もいますし、言語の部分も心配は要りません。直接自分の言葉で借りる意志を伝えた方が事情も汲み取ってもらいやすいので、念のため覚えておくと安心です。色々と不利とされる外国人ではあるものの、できることも多いのだと忘れないでください。