学生が安全にお金を借りる方法

学生の中にはアルバイトをしてお金を稼いでいる人も多いと思いますが、急にお金が必要になることがあります。欲しい洋服やアクセサリーがあったりとか、友人とも旅行費や付き合いでお金を消費しすぎてしまい、次の給料日まで苦しいということがあるでしょう。親や兄弟等には頼ることができなくて困ってしまう人も珍しくありません。

 

また、友人に頼るとその後の人間関係に悪影響を及ぼす可能性があるので、できれば友人からお金を借りるという手段も避けたいところです。そのため、学生向けのカードローンやキャッシングには親や学校等に知られないようにする配慮はもちろん、比較的返済しやすい工夫が行き届いているのです。

 

銀行のカードローンやキャッシングは、大学生でも20歳以上でアルバイト等で安定した収入を得ていれば即日から利用することができます。ただし、一部の銀行では学生にサービスを提供していない場合があります。また、希望通りの金額を借りることができない場合や、借入条件をクリアしなければならないといった注意点がいくつか存在します。その中でも特に必須とされるのが「満20歳以上であること」と「収入が安定していること」の2点です。

 

カードローンやキャッシングの種類によっては18歳から借りられるものもありますが、学生証が必要だったり親権者の同意書が必要だったりと、審査条件は厳しく設定されています。なお、一般的な学生カードローンの場合は、学生証の提示は必要ありません。そして収入に関してですが、実は具体的な金額は定められていません。

 

しかし単発のアルバイトだけでは安定した収入とは見なされずに審査に落ちてしまうことがあります。これを避ける為には、週に3回以上のアルバイトをしていることが必要となります。この2点をクリアしたからといって審査に通過するというわけではありませんが、この条件をクリアできなければキャッシングやカードローンの利用はほぼ不可能となってしまいます。

 

そのため、大学生の身分で銀行のカードローンやキャッシングを利用する際には、アルバイトでなるべく多くの収入を得ていることが大切であると言えます。