カードローンはどの申込み方法が楽なのか。

一般的にカードローンの申込には次のすべての条件を満たす個人である必要があります。

 

契約時、満20歳以上の方、安定かつ継続した収入の見込める方、保証会社の保証を受けられる方、外国人は永住許可を受けている方が対象(過去にカード事故、いわゆるブラックリストに掲載された個人も対象外です)そして本人確認書類として運転免許証やパスポート、特別永住者証明書、各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)などが必要です。

 

申し込み方法はパソコン、スマートフォン、郵送、電話、店頭があります。現状は24時間受付可能なパソコンでの申し込みが主流です。申込箇所に必要内容をすべて入力し仮審査を受けます。

 

この際の注意点は本人確認資料と申込内容が相違しない事です。特に引越しした際には本人確認資料の住所変更もしっかり行ってください。仮申し込みの審査結果は、入力したメールアドレス宛に連絡が来ます。仮審査で承諾となれば、本申込を行い正式に承諾となる流れです。審査時間はどの金融機関も最短で30〜60分程度です。

 

最後に注意点として、申込際しては当然の如く虚偽の内容記載は不可です。また、本人確認資料の有効期限切れも受付不可能となるので注意してください。

 

何が必要?お金を借りる時の必要書類

お金を借りるときには必ず身分を証明できるものを用意しなくてはいけません。そのためにはまず身分証明書が必要となります。マイナンバーカードや住基カードに免許証などの顔写真が付いているものはもちろんのこと、健康保険証などもその書類の一つにあげられます。

 

一定基準の収入がなければ借りることができない銀行系カードローンなどの場合には、印鑑証明に源泉徴収や給料明細などが必要書類になることも珍しくありません。これらすべてを揃えて提出しなければ原則として融資をうけることはかなり難しくなります。

 

何故ならば最低限の身元が判明する人物でなければお金を借りられないという事実があるからです。身分証明書は必ずしも免許証だけとは限らず、国民ならば誰でも持っている健康保険証や簡単に取得できるマイナンバーカードなどもその一つになりますので、これらを使って身分証明をしていくことにしましょう。

 

源泉徴収は収入証明書を提出するように言われた際に渡すものですから、特段収入が関係ないローンの場合には出さなくても問題はありません。借りるローンによって必要書類が大きく変わってきますので、これから融資をうける場合の参考にしてみるとよいでしょう。

 

カードローンの審査内容について

カードローンのキャッシングの審査というのはとても甘いことで有名です。どうしてお金を借りる審査が甘いかといえば、それだけ間口を広くすることによって借入可能な人を増やすことを目的としているのです。審査が甘いことによってお金をかりることが出来る人が増えるので、その利息によって消費者金融は設けているためです。

 

最短でたった1秒の審査で借り入れができるところも多く、それだけ利用者が多いことをうかがい知ることが出来るのです。審査スピードが早くて借り入れがしやすいということは、利息が高いことの裏返しです。大体において至極一般的な生活をしている人であれば、審査通らないなんてことはほぼありえません。

 

普通の人であれば簡単に審査を通過してキャッシングを利用することができます。便利なところだと、14時頃までの申込みであれば即日融資を受けることが出来るようになっており、急にお金が必要なときには大変ありがたいサービスです。

 

審査は年齢や雇用形態、年収や借入額をインターネット上のホームページに入力すれば、すぐに結果がわかります。その結果に応じて最大どれだけ借り入れることが出来るかもわかってしまうのです。全てウェブ上で完結します。