水商売でも高確率でお金を借りられる!人気の方法とは!

夜職や水商売だとカードローンでお金を借りるのは難しい印象があります。職業で差別されているというわけではなく、カードローンを利用する時の条件としてまず安定した職業かどうかということは重要です。公務員や大手企業と比べても不安定な職業のせいで、どうしてもキャッシングの審査に通過しにくいということがあります。

 

水商売でも軽くバイトしている程度の人から、本業としてバリバリ働いている人様々です。日給や時給以外にも月給制で安定した収入がある人、経営者として一定の収入を確立している人もいます。必ずしも職業のせいで審査に通過しないというわけではありません。ですから審査に通過したいからとうっかり嘘を書いてしまうよりも、最初から正直に申告しましょう。特に収入などは源泉徴収を必要とする場合にはすぐにバレてしまいます。

 

在籍確認は必須となりますので、本名できちんと働いている人なら堂々と審査申込をすることが出来ます。中には本名や年齢など嘘をついている人もいますが、この場合には審査通過が難しくなってしまいます。借りる際には水商売ではなく飲食店従業員、接客業などと書けば問題ありません。通常、在籍確認の電話はさりげなくかかってきますが、水商売の場合電話の応対をする人が本名を知らない、お店の正式名称を知らないということもあります。

 

ですからあらかじめお店の上司にクレジットカードの在籍確認に自分宛の電話がかかってくるかも知れないことを伝えておくと間違いがありません。もし副業として水商売をしているのなら、昼の本業の会社名を審査の時には書いておいたほうが審査にも通りやすくなります。

 

水商売の場合会社名は通常働いている店名ではなく、実際には正式名称がある場合もあるため確認しておく必要があります。給与明細などに正式名称が書かれていますので、把握しておきましょう。すでに法人化されているような大手ならより安定しているため、夜職といっても思うよりも審査にも通りやすいこともあります。