おじいちゃん・おばあちゃんなどの身内にお金を用意してもらう

 

お金が足りないときに、まず考えるべきは出来るだけ負担が無いように借金をするという事を考えなければならないと言えるはずです。そのような状況下では、まずは身内から借りるという事をした方がいいでしょう。

 

身内は金利を取る事もないでしょうし、返済期限についても特に指定されない事も少なくはありません。身内は近ければ近いほど、こうした条件は緩和される傾向がありますから、まずはこうした身近な所の人にあたってみるという事を考えるべきです。

 

嫁さんや旦那、兄弟から借りてみるというのも問題はありませんし、子供に助けてもらうという事を考えてもいいかもしれません。子供といっても成人している子供もいるわけで、別に子供から借りることが恥ずかしいというわけではありません。

 

お金が必要になるという事はいつでもあり得るわけですから、常に年長者から借りることが当たり前という訳ではないのです。おじいちゃんやおばあちゃんに借りるという事もいいわけで、祖母や祖父であれば喜んで貸してくれる可能性もありえます。

 

金融機関を利用するととんでもない金利負担となりますから、このような事はまず考えるべきではありません。お金がないのにさらにお金が必要になるところを利用する意味は全くないと考えるべきでしょう。

 

上司や友人など身近な人にお金を借りる時の注意点

 

人々は社会の中で日々の生活を成り立たせていくためには、基本的に必ずお金が必要になります。完全に自給自足の生活を行う事は現代社会においてはほぼ不可能であり、住まいや水光熱などのライフラインの使用料、日々の食費や生活費など生活を成り立たせるためにはその対価にお金が必要になるのです。

 

日々真面目に働いて生計を成り立たせるために収入を得ていたとしても、予想外の出来事で急にお金が必要になるケースも少なくありません。

 

基本的には自分自身が使用するお金は自分自身の貯金や収入で賄うことが大前提ですが、やむを得ない事情で知人や異性の友達、恋人や先輩など身近な人からお金を借りる事を考える人もいるのです。

 

身近な人ほど元々構築されている信頼関係があるために、お金を借りる相談やお願いがし易いメリットもあります。とはいえ、お金のトラブルはそれまで築き上げてきた身近な人との人間関係を崩壊してしまうリスクもある為に、慎重に考えることが必要なのです。特に同僚や上司などの会社関係の人に相談をする事で、仕事や人間性の評価にも直結するリスクがあります。

 

お金を借りる時にはその理由と金額、いつまでにどの様な形で返済していくかをきちんと書面に記して文書で取り交わすこと、万が一返済が滞った場合にはどの様な対応を行うかも決めておくことが必要です。

 

さらには利息に関しても一般的な数値と照らし合わせて支払う事も大切です。