パート・アルバイトでも審査に可決してお金を借りる技とは!

 

パートやアルバイトでお金をかける場合には、審査に通らないでイメージを持っている人がいますが果たしてそれが事実かどうかを知っておきましょう。バイトの場合にはフリーターのイメージが強いため、支払いに無頓着な雰囲気がありますが実際にはしっかりとお金を貸してくれるでしょう。

 

実は、ある1面においてカードローンやキャッシングの審査基準は昔よりも緩くなってきました。確かに、たくさんのお金貸して返済されないならば問題がありますが、しっかり返済されるならば積極的にお金を貸したいと考えるに違いありません。

 

なぜ最近は、銀行系のカードローンを中心に積極的にお金を稼ぐになったかが問題になりますが、これは国の方でゼロ金利政策を行っているからです。景気が悪いことから、金利を上げてしまうと住宅ローン等でお金を借りる人がいなくなってしまいます。そこで、極限まで金利を落としたため銀行側の儲けが少なくなってしまいました。

 

そこで、銀行側は打開策として、積極的にキャッシングやカードローン等の取り扱いを始めたわけです。今までならば、銀行の審査基準が厳しいといったイメージがもたれていたかもしれませんが、ゼロ金利政策の背景を考えると銀行も厳しい審査をするわけにはいきません。そこで、以前に比べても比較的審査基準を緩くして積極的にお金を貸すようにしているわけです。

 

それでも、簡単にパートやアルバイトがお金を借りることができるわけがないと感じている人もいるに違いありません。当然ながら、審査基準を満たさなければなりませんが、その審査基準は大抵のパートやアルバイトでも通るようなものになっています。

 

例えば、10万円もうお金を借りる場合に必要な年収はおよそ150万円ことになっています。この金額ならば、毎月12から13万円程度の収入をもらっていれば自然に実現することができるでしょう。

 

また、勤続年数も3ヶ月程度になりますので、たいていの人が審査に通ることが理解できるはずです。