公務員や会社員が利用しやすいカードローンとは

 

公務員や会社員はパートやアルバイトの人とは違い、安定した収入があるので、銀行や消費者金融、信販会社などのカードローンやキャッシングの審査に受かりやすいです。
日常生活をしていると家電や家具が壊れてしまったり、出張や接待などの予定が入ることが多く、お給料日前にお金が必要になることが多いです。

 

公務員や会社員は金融機関の信頼が厚いので、低金利で利用できる銀行系カードローンがお勧めです。
銀行系カードローンは消費者金融に比べると低金利ですし、総量規制の対象外になっているので、年収の3分の1を超える融資が受けられます。

 

大手銀行の場合はインターネットのWEB上から申し込みが出来ますし、午前中に申し込んでおくと、最短で即日融資が可能なので利便性が高いです。

 

お子様のおられるご家庭では、教育資金が必要になったり、急病などで医療費や入院代が必要になることもありますが、銀行系カードローンはお金の遣い道は自由なので、様々な用途にお金を遣うことができます。

 

消費者金融は銀行に比べると、会社員や公務員の場合は問題なく利用できることが多いですが、やや金利が高めになっているので、長期的な融資は損になることもあります。

 

銀行系カードローンは金利が4.5パーセントから、15パーセント前後になっているので、長期の融資を受けたい人にお勧めです。銀行系カードローンは審査基準が厳しいイメージがありますが、固定資産税や住民税などの税金や、他の債務に遅延や延滞などがない場合は、ほとんどの人が利用できます。

 

50万円以上の融資を希望している人は身分証明書の他に、給与明細書や徴税証明書の提出が必要です。銀行系カードローンは利用限度額の範囲であれば、何度も融資が受けられるので、急にお金が必要になった時も安心できます。

 

公務員や会社員は社会的に信用のある人が多いので、消費者金融や銀行の審査を受けてみると良いでしょう。カードを持っていると、遠方に行った時もお金を用意できます。