個人事業主がお金を借りれる場所や人気商品とは!?

サラリーマンを辞めて独立して起業したばかりでは、仕事もうまくいかず運転資金に困ってしまうことがあります。しかし会社員と比較するとフリーランスのような自営業者は社会的な信用力も低く、銀行でまとまった金額を借りることも難しくなります。審査通過率の高い金融機関であれば借りることは可能ですが、金利が高くなることもありますし、収入が減っていると借入ができる限度額も少なくなります。

 

そこで検討したいのが個人事業主向けのビジネスローンです。もちろん法人化していても利用することができますが、ビジネスローンは消費者金融が出しているものでも総量規制の対象外で、まとまった金額の融資をしてもらえる可能性があります。ローンの仕組み自体は一般向けのカードローンとほとんど変わらないものもあり、利便性が落ちることはあまりないでしょう。まとまった金額で借入ができれば金利も引き下がりやすくなるため、負担を減らすことも可能です。そればかりかかかった利息は経費として計上することもできるようになるため、節税をすることもできます。

 

銀行が提供しているビジネスローンは法人向けのものも多いため、個人事業主にはハードルが高いものも多いでしょう。もし契約できても融資実行までの時間も長くなることが多いので、急ぎの資金には利用することが難しいです。消費者金融の場合は最短即日融資も可能です。

 

ただしビジネスローンを利用するためには一定の条件をクリアしなくてはなりません。まず、自営業として営業実績があることです。事業を営んでいることを証明しなくてはなりませんので、取引先からの発注書を資料として金融機関に提出しなくてはなりません。また、営業を開始してからの期間が短いと収入証明を用意することができないため、ビジネスローンの利用は難しくなります。短くても1年以上の営業実績を作ってから申し込みをするようにしましょう。
他社への借入残高や件数が多い場合も審査に通ることが難しくなります。総量規制対象外と言っても、借りることができるのは年収の半分程度が限度とみておきましょう。